5. 会社の危機 破綻前に解決させ、企業再生の道!

サービサー法を活用し、事業再生によって会社の危機を解決します

  • 金融機関が貴社に対し新規貸出しストップ・格付、破綻懸念先以下
  • 担保不動産の値下がりで担保不足顕在化 追加保証人を要求される
  • 経営利益で借入金(含み損)の返済終わらせるのに50年〜100年要す
  • 金利が3%上昇すると、経常利益はすっ飛ぶ
  • 景気悪化と競争激化で売上高激減へ
  • このまま推移すれば企業の破綻が予想される

ご所有不動産の状況

(例:債務八千万円が経営を阻害)

  • 営業権 (得意先等)
  • 設備  (質権等設定されていない設備)
  • 人材  (必要最小限の人員)
  • 仕入先 (基本的に全ての支払は新会社で引き継ぐ)
  • 外注先 (基本的に全ての支払は新会社で引き継ぐ)
  • その他事業遂行上必要なもの
営業譲渡
→
新会社設立
会社代表者所有の無担保不動産 合理的手段
→
守り抜く
担保不動産:残したい不動産 リファイナンス
→
新会社
担保不動産:残さない不動産 任意売却
→
第三者
金融機関等の債務 任意整理等
→
旧会社・旧会社代表者に集中

→6.買い戻しで、一家全員破綻前よりもハッピー!

メールでご相談   電話でご相談